ハマる!
店舗のデジタルマーケ
  • Facebookページへ
  • Twitterアカウントへ

店舗企業のインスタグラム活用術!インスタグラムを使った販促事例を紹介します

 
「インスタ映え」という言葉をいたるところで耳にするようになったので、インスタグラムという存在を知っている方は多いと思います。インスタグラムとは、いわゆるSNSの一種ですがツイッターやフェイスブックとは少し違います。

今回は、さまざまな店舗企業のインスタグラム活用術を紹介します。

インスタグラムとは?

ツイッターやフェイスブックはメッセージと画像や動画を投稿するのがメインですが、インスタグラムの場合は画像または動画が投稿のメインとなります。インスタグラムはスマートフォンのアプリやパソコンで投稿を行う事が可能です。たとえばスマートフォンなら、写真や動画を撮影したら、それをそのままインスタグラムのアプリに取り込み、画像加工などをして投稿することができます。

また、メッセージの代わりにハッシュタグをつけることで、見ている人に何かを伝えたり、検索してもらうこともできます。さらに、インスタグラムは個人での利用にとどまらず、企業や店舗が公式アカウントを作成して販促に利用するといった事例も増えてきています。

近年、インスタグラムは写真を投稿してそれを見たり見られたりと言った利用方法以外に、検索ツールとしても活用され始めてきているからです。顧客は商品やサービスに関する情報をウェブではなくインスタグラムで検索して情報を得ているのです。

 

 

インスタグラムの活用方法

企業や店舗がインスタグラムを活用する方法はいろいろあります。まず一つはインスタグラムで企業や店舗の商品、またはサービスに関連した画像を投稿することでプロモーションを行うことができます。さらに、こうした投稿を繰り返すことでブランディングを行うといった企業も多くあります。そして、広告宣伝の目的でインスタグラムを活用する企業も多く、それを手伝う形で注目されているのがインフルエンサーです。

 

インフルエンサーとは?

インフルエンサーとは、インスタグラムだけではなくSNS全般に利用される言葉です。SNSを利用しているユーザーの中で特にフォロワーが多く、その人が何か情報を発信すると大きな影響を与える事ができる人物の事をインフルエンサーと呼びます。SNSで情報を発信して大きな影響を与える人物というと芸能人が多いですが、インフルエンサーの場合は一般人の場合もあります。こうしたインフルエンサーの力を利用して、企業のプロモーションを行う事ができるのです。具体的には、例えばある商品についてインフルエンサーが投稿をすることで、その商品や企業の知名度が上がり、購入やサービスの利用につながるという仕組みです。

 

 

それでは、企業や店舗のインスタグラム導入事例を実際にいくつか見てみましょう。

 

インスタグラム導入事例「BEAMS」の場合

ファッション業界での導入事例の一つとして、「BEAMS」があります。BEAMSのインスタグラムは店舗で販売している商品を紹介する投稿がメインとなっています。そして、投稿された内容について直接インスタグラムに問い合わせやコメントが入り、BEAMSはそれら一件一件に対応をしています。こうして店舗と顧客の距離を近づけることで、顧客の足を店舗へ向けたり購買につなげられるメリットがあります。BEAMSに限らずやはりファッション関連企業はインスタグラムによる商品紹介ができるという点で、インスタグラムとは非常に相性が良いようです。
 
(参考:https://www.instagram.com/beams_official/?hl=ja

 

インスタグラム導入事例「GU」の場合

ファーストリテイリングの子会社が運営するファッションブランドのGUでも、インスタグラムを利用したマーケティングが行われていました。新宿にあるジーユービックロ新宿東口店限定で行われていたのは、店舗名とフォトマップの追加をしてインスタグラムに写真を投稿することで、プレゼントがもらえるという企画です。プレゼントを受け取るとうきっかけを作って、顧客に店舗へ足を運んでもらうという集客ができます。さらに、GUではジーユーマニアというコミュニティもオープンしました、ジーユーコミュニティは会員登録をして「#GUMANIA」というハッシュタグ付きでインスタグラムの投稿をすると、投稿内容を紹介してもらえたりプレゼントがもらえるなどのキャンペーンを展開しています。単なるクーポンや割引と言った形ではなく、顧客参加型のマーケティングとしてGUは積極的にインスタグラムの利用を進めています。
 

(参考:https://www.instagram.com/gu_global/?hl=ja


 

インスタグラム導入事例 飲食業界

飲食店でもインスタグラムは非常に多く導入されています。たとえば店舗で写真を撮ってハッシュタグに店舗の名前を入れて投稿するとワンドリンクや一品サービスであったり、お会計を割引と言ったサービスは多くの飲食店で目にします。ファッション業界と同様に飲食業界でもインスタグラムによるビジュアルマーケティングは非常に効果が高い為、顧客がインスタグラムで店舗の情報を拡散してくれることで、さらに新規顧客を集客することができます。
 

 

企業インスタグラムのまとめ

店舗や企業はインスタグラムの公式アカウントを利用してサービスや商品を紹介するだけではなく、顧客に投稿を行ってもらい集客につなげたりブランディングを行うなど、現在のマーケティングにおいてインスタグラムの力はどんどん大きくなりつつあります。

弊社では「集客」を実現するアプリプラットフォーム「Insight Core(インサイトコア)」をご提供しております。アプリのプランニングから開発、リリース後の運営までワンストップでカバーしている大変便利なサービスです。 お気軽に資料請求やお問い合わせをしてください!
  • ちゃぴん

    ちゃぴん

    美容業界に4年勤めた後に2013年よりIT業へ転身。利用者目線でより良いプロダクトを生み出せるように、日々アプリと向き合っています。尊敬する人:ガチャピン 好きなジャンル:レジャースポーツ、ショッピング、美容、ハンドドリップコーヒー
    インサイトパズルは、店舗で役立つデジタルマーケティングのノウハウや事例を店舗の利用者目線で紹介していくメディアです。あなたに必要な知識のピースをカチッと埋めにかかります。

    メルマガ登録や
    お問合せはこちら