ハマる!
店舗のデジタルマーケ
  • Facebookページへ
  • Twitterアカウントへ

【2021/1/1〜8】気になる店舗&外食ニュースまとめ!コロナ禍で夜から朝営業にシフトするお店も

 

こんにちは!ゆかちぇりな(@yuka_tsurugi)です。

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします😊コロナで大変な日々が続いていますが、出来ることを一生懸命前向きに取り組んでいきたいと思います。

店舗や外食マーケティング関連に興味がある読者の方に向けて、定期的にニュースをまとめています❣️今回は、1月1日〜8日までで気になったものをいくつかピックアップしました🍔

 

コロナ禍で注目“朝外食” 密避けがっつり

首都圏の1都3県で再び緊急事態宣言の発出が検討される中、営業時間の短縮などで影響を受ける飲食店では今、朝食をめぐって新たな動きが広がっています。
気軽に1人焼き肉が楽しめるこちらの店で提供されているのは、なんと朝限定の焼き肉メニュー。焼き肉の定番・カルビと朝食の定番、海苔とウインナーなどがセットになっています。なぜ朝食の提供を始めたのでしょうか。

多くの飲食店のメイン集客時間帯は20時以降だと思いますが、その時間営業ができないは苦しいですよね。。朝に営業時間をシフトしているお店が増えてるのは納得です。

朝外食これから流行るかもしれないですね😌(朝焼肉してみたい!)

 

外食チェーン、営業短縮 牛丼持ち帰りは継続検討 緊急事態宣言

会食での新型コロナウイルス感染リスクが指摘される中、外食チェーン各社は東京都など1都3県で営業時間短縮の要請に応じる方針だ。一方、少しでも売り上げを確保するため、牛丼チェーン各社は夜間の持ち帰りや宅配を継続したい考え。

昨日1月7日、2度目の緊急事態宣言が発令されました。時短営業や休業する店舗などさまざまです。

要請に協力すれば1日6万円保証されるとのことですが、本当に厳しいのは食品卸やおしぼり、清掃などの周辺業者ではないでしょうか😣どういった対策をするのか注目していきたいです。

 

コロナで外食費はどう変化した? 川崎市は半減、青森市は1.4倍増…各都市の“明暗”を分けたもの

時事ドットコム
 
コロナで外食費はどう変化した? 川崎市は半減、青森市は1.4倍増…各都市の“明暗”...
https://www.jiji.com/jc/bunshun?id=42678
新型コロナウイルスの感染拡大で、このところやり玉にあげられているのは飲食店だ。ウイルスの流行で最も打撃を受けた業界でもある。

新型コロナウイルスの感染拡大で、このところやり玉にあげられているのは飲食店だ。ウイルスの流行で最も打撃を受けた業界でもある。

だが、政府の家計調査で「外食費」とされた支出を分析すると、意外な傾向が分かってきた。第3波の感染拡大が訪れる前、つまり消費が少し上向いた2020年10月時点のデータでは、ウイルスの気配さえなかった前年同月比で、外食費を半減させた都市がある一方で、1.4倍以上に伸ばした都市があったのだ。

 なぜ、このような差が出たのか。理由を探っていくと、その都市ならではの気質や経済情勢、コロナ対策が透けて見えてくる。

外食費が伸びている地域があることに驚きました😯地域性が関連していてとても興味深いニュースでした。

ところで外食費ってどうやって調査してるんだろう??そこも気になりました😂

 

  • ゆかちぇりな

    ホッピーが大好きなキャッシュレス推進派です。株式会社インサイトコアで営業やマーケティングを担当しています。おうち時間はひたすらスイッチでゲームしています。そろそろ外でせんべろ&はしご酒をしたい、ポイ活の鬼です。
    インサイトパズルは、店舗で役立つデジタルマーケティングのノウハウや事例を店舗の利用者目線で紹介していくメディアです。あなたに必要な知識のピースをカチッと埋めにかかります。

    メルマガ登録や
    お問合せはこちら