ハマる!
店舗のデジタルマーケ
  • Facebookページへ
  • Twitterアカウントへ

赤羽駅のAI無人決済店舗で買い物体験してきた!万引きも防げる最先端のAI技術!

 
ゆかちぇりーな(@yuka_tsurugi)です。

ついに日本にも無人コンビニができそうです!
今日(10/17)からJR赤羽駅でAI技術を活用した無人決済店舗の実証実験が始まり、さっそく買い物体験をしてきました!

赤羽駅の無人決済店舗について

JR東、赤羽駅に無人決済店舗 カメラが客を追跡:ITmedia NEWS

昨年、大宮駅でも無人決済システムを取り入れた店舗の実証実験が行われていましたので、今回は2店舗目となります。

・場所はJR赤羽駅の5・6番線ホーム
・期間は2018年10月17日から約2ヶ月間だそうです。

 

 

店内は撮影がNGでしたので、詳しい体験写真を撮れませんでしたが、以下の流れで体験ができます。
※交通系ICカードが必要です。

 

買い物の流れ

①入場する
入口のゲートにICカードをタッチして入場する

②商品を選ぶ
購入したい商品を選んで手に取ります。
この際、天井や陳列棚にある複数のカメラで人と商品の情報を取得されています!

③購入する(決済する)
出口ゲートに立つと購入商品と購入金額が自動的に表示される。
内容が正しいことを確認して、ICカードをタッチして決済する。

④退店する
決済が完了すると出口ゲートが開き、退店できる

 

 

今回購入した商品

アップルジュースとアップルパイを購入しました!🍎
レジでは問題なくわたしが取った商品が認識され、会計することができました。

 

外から撮影した店内

入口ゲートから見える店内👀
商品がきれいに陳列されていました。

 

手前が出口ゲートです。こちらで表示される画面で商品の内容を確認をして決済をします。

 

まとめ&感想

現代のコンビニなどの小売店は店員がいるのが当たり前なので、とても新鮮な体験ができました。
まだまだ多くの課題はあると思いますが、正確に商品を認識していたのでこの取り組みがうまくいけばかなり近い将来、このような店員が不要の無人店舗が当たり前になっていくのではないでしょうか。

関連記事ですごく面白いなぁと思ったのが、この店舗で万引きを試みてできなかったという内容のこちらの記事。
無人なのに万引きを防げてしまうって、、いかにAI技術の凄いかがわかると思います!!
JR東の無人決済店舗で“万引き”してみた:ITmedia

弊社では「集客」を実現するアプリプラットフォーム「Insight Core(インサイトコア)」をご提供しております。アプリのプランニングから開発、リリース後の運営までワンストップでカバーしている大変便利なサービスです。 お気軽に資料請求やお問い合わせをしてください!
  • ゆかちぇりな

    ゆかちぇりな

    ホッピーが大好きなキャッシュレス推進派のインサイトパズル編集長。株式会社インサイトコアで営業やマーケティングを担当しています。ときどき副業でカジノディーラーもしています。ラブライブ!のおたくで、ほのかちゃんを推しています。
    インサイトパズルは、店舗で役立つデジタルマーケティングのノウハウや事例を店舗の利用者目線で紹介していくメディアです。あなたに必要な知識のピースをカチッと埋めにかかります。

    メルマガ登録や
    お問合せはこちら