ハマる!
店舗のデジタルマーケ
  • Facebookページへ
  • Twitterアカウントへ

カラオケ店における消費者行動と、ユーザーに喜ばれるアプリの機能

なぜカラオケに行きたいと思い、その店舗を選択するのか。

こんにちは!!インサイトパズル編集長のゆかちぇりなです。

わたしはカラオケが大大大好きで週に1回以上足を運びます。一人カラオケ、通称「ヒトカラ」をしょっちゅうします。人の目を気にせず、好きな歌を好きなだけ思う存分歌うことができる!!ヒトカラの醍醐味ですね。
最近カラオケ店に行くと、わたしの肌感では団体客よりも一人で来店しているお客様のほうが多いような気がします。(実際のところはわかりませんが。)

カラオケ行きたいな~と思うと無意識的にお店に足を運び、カラオケを楽しみますが、どういった消費行動を起こして「ヒトカラ」をしているのか、カスタマージャーニーにおける来店する動機と店を選ぶポイントに焦点をあてて分析をし、また、カラオケという業態を生かして、集客するためにはどういった機能のアプリがあれば、消費者から喜ばれるのか考えてみました。

 

 

カラオケに行く動機

いつも無意識的に、「あぁ。。。カラオケ行きたい~~~!」と思ってカラオケ店に足を運びますが、どうしてこのような感情が生まれるのかなんて考えたこともありませんでした。
消費者の心理について自分の経験に基づき考えてみましたが、おそらくわたしに似たペルソナであれば、以下の理由で消費者の皆様はカラオケ店に行きたくなるのではないかなと思います。

歌いたい歌がある
わたしは普段、ラブライブ!やバンドリの曲を聴いているのですが、新しい曲がリリースされるとカラオケに行って歌ってみたい!!と必ずなります。

今度友達とカラオケに行くから練習したい。
よく友達と「今度カラオケ行ったらあの歌いっしょに歌お~!」などと約束をします。そのための練習として利用します。

暇つぶし
中途半端な時間ができたときに、カフェでなくカラオケを利用します。カフェでなくカラオケを選ぶ理由は、昼間であればカフェよりも安い場合が多いですし、個室のため周りの目を気にせず自由に過ごせるというところにあります。実際わたしは、お客様先への訪問と訪問の間に時間ができたときには、たいていカラオケに行きます。カラオケ=歌うための場所であることは間違いないのですが、それだけではなく、くつろぐための場所にもなりつつあります。

 

お店を選ぶポイント

よく行くエリアであれば、決まった店に行きがちですが、そうではない場合は以下のポイントでお店を選びます。

好きな機種が置いてある(必須)
機種によって音やコンテンツの違いがあり、どうせなら自分のお気に入りの機種で歌いたいと思います。わたしの場合、お気に入りの機種が置いていなかったら、カラオケに行くこと自体をやめてしまうほどです。

設備が良い(トイレが綺麗か、防音がしっかりしてるか等)
設備が良いほうが気持ちよく時間を過ごせます。

料金が安い
安いに越したことはありません!

ドリンクバーである
ドリンクバーであれば、歌ってる最中に店員さんが部屋に入ってきて気まずい思いをすることもありません!

空室がある(待ち時間が短い)
早くカラオケしたいのに待ちたくないです!

割引券やクーポンがある
オトクなサービスを受けるに越したことはありません!

わたしの場合は好きな機種が置いてるかどうかは必須項目になります。それ以下については満たしていれば尚良いです。おそらくカラオケにこだわりがある方は、同じような優先度で、機種以外に関してはまあまあ満たしていればという感じだと思います。

機種や設備、料金についてはお店の決まりになるのでどうすることもできないですが、割引券、クーポンについては事前にアプリ等で確認することができます。また、空室情報については実際にお店に足を運ばないと把握することができず、来店する前にアプリを使って確認することができればなぁと思っています。

 

アプリの機能で空室情報表示を

空室確認機能がアプリで出来たら、もっとスムーズに集客ができ、お客様からも待ち時間のストレスが減り、今まで以上に便利になるのではないでしょうか。
特に土日、カラオケ店に足を運ぶと満室でかなりの時間待たされることがしばしばあります。
そんなに待つんだったら他の店舗に行ってみよう。・・・でも、他の店舗も満室で1時間待ちですとか言われたり。
確かに直接店舗に電話して確認したり、予約することもできると思いますが、電話ってなかなか気が進まないし。。

そんな悩みを抱えてるお客様って多いのではないかと思っています。
そういった課題を解決するために、アプリで空室情報確認機能ができればと考えています。

カラオケ店に足を運ぶ前に、アプリで事前に空室情報を確認⇒好きな部屋を指定して予約⇒来店。という流れが実現できたら最高です!
欲を言えば、決済までアプリ上で出来ればもっとスムーズになるのではないかと思います!

例えば、他業種でアプリではないですが、最近利用した映画館のTOHOシネマズでは事前に観たい映画の座席を選択して、決済までウェブ上で完結できるようになっています。予約直後に届くメールに記載されている購入番号と電話番号を、当日映画館の発券機で入力して発券ができる仕組みです。
 

↓好きな座席を選択して予約する画面例

このような機能を取り入れることで、時間をかけずに確実に予約をすることができ、更にチケットカウンターの混雑緩和や人件費削減にも役立てている例となります。このような事例をカラオケ店でも応用し、消費者にとっても、店舗にとっても便利な仕組みが実現できたらと思っています!

弊社では今後、このような機能も提案していけるよう目指しています。

 

弊社では「集客」を実現するアプリプラットフォーム「Insight Core(インサイトコア)」をご提供しております。アプリのプランニングから開発、リリース後の運営までワンストップでカバーしている大変便利なサービスです。
お気軽に資料請求やお問い合わせをしてください!
 

  • ゆかちぇりな

    ゆかちぇりな

    ホッピーが大好きなキャッシュレス推進派のインサイトパズル編集長。株式会社エンターモーションで営業やマーケティングを担当しています。ときどき副業でカジノディーラーもしています。ラブライブ!のおたくで、ほのかちゃんを推しています。
    インサイトパズルは、店舗で役立つデジタルマーケティングのノウハウや事例を店舗の利用者目線で紹介していくメディアです。あなたに必要な知識のピースをカチッと埋めにかかります。

    店舗集客についての
    ご相談はこちら